相続あれこれ

contact_tel.png24時間WEB予約

2016.07.29更新

大まかに財産の内訳を書いたら、
次は、どれを誰に遺したいのか考えてみましょう。

「A子には家屋敷を残したい」とか、

「B男は、悪い女にすぐ金をつぎ込むから、財産はやらん!」とか、

「どうせ子供たちで揉めるのは分かっているから均等に分ける」とか・・・

難しいですね~。

財産にはいろんな種類があるので、
均等に分けたつもりでも揉めるのが「相続」です。

私が以前担当した相続では、

「五男の嫁にすべての財産を相続させる」というのがありました。

びっくりしましたね、さすがに!
絶対もめるやんか~~~!って思いましたよ。

ところが、相続人全員がすんなり遺産分割協議書に署名捺印しました。
(えらいこっちゃ!)笑
めでたし!めでたし!パチパチ

いろいろありますが、
遺言書というのは、被相続人の意向が書かれるべきものですので、
まずは、財産とそれを相続する人を書いてみるのがいいと思います。
(書き直しは何度でもできますし、自筆証書で十分有効なんですから。)

ようやくこれで決定!と思った時に、
公正証書で遺言書を作成するのがお勧めです。

投稿者: 税理士法人あけぼの

あけぼのの相続メニュー

MENU
田分けブログ  相続担当スタッフブログ Q&A
オフィシャルサイト B・Brain