相続あれこれ

contact_tel.png24時間WEB予約

2016.09.09更新

近頃は、核家族が多い上に少子化が、
特に都市部で顕著ですね。

首都圏では、お受験のため、子供を塾に通わせるご家庭が多いのも事実です。

「教育費を十分にかけるため、うちは一人しか無理!」
という母親を何人も見てきました。

車は一応外車!
持ち物は、ほとんどがブランド品!

???なんで???

日本は義務教育じゃん!
無理にお受験させなくてもええんじゃないの?

・・・と言ったら、
「それじゃダメ!」なんですって。

そっか~、それじゃ仕方ないね・・・。

塾なんて行かなくても、
学校の勉強って基本的なことばっかりなんだから・・・

というのも、全く通用しません。

人それぞれなんですけれど、
子供は多ければ多いほど(もちろん限度がありますが)
親が年老いた時に、互いに頼りになるので
いいように思うのですが・・・。

兄弟がいなければ、
親が高齢になったときに
なかなか相談する人もいないし、
生活に困っていても助けてくれる人がいないとなると、
お葬式は「家族葬」が多くなるのかなぁ。

また近頃は、身内が亡くなっても「お葬式」すらしなくて、
病院から火葬場へ・・・
火葬場から散骨や樹木葬で、
お墓すらなくなっている・・・
というのが珍しくないそうです。

いや!いや!そんなのや~ヨ!

せめてお葬式は、きちんとしたいですね。

少子化と家族のあり方については、
これからますます大きくなる課題だと思います。

豊橋市の人口は、まだ減少していないけれど、
これからも減らないで!!!と
願うばかりです。

投稿者: 税理士法人あけぼの

あけぼのの相続メニュー

MENU
田分けブログ  相続担当スタッフブログ Q&A
オフィシャルサイト B・Brain