Q&A

contact_tel.png24時間WEB予約

2016.12.27更新

1年間で110万円を超える贈与をしますと税金がかかります。毎年110万円を子供に定期預金で贈与する場合には税務上のトラブルの恐れがありますので、111万円を贈与して、1,000円の贈与税を払うことをオススメします。

投稿者: 税理士法人あけぼの

2016.12.27更新

財産を贈与(個人が財産を無償で他の個人に与える)した時にかかる税金で、財産の評価額に応じて納税額が変わります。

投稿者: 税理士法人あけぼの

2016.12.27更新

放棄できます。借金が多いときは相続放棄し、多そうなときは限定承認をしましょう。相続放棄とは借金も財産も一切相続しないことで、限定承認は被相続人財産の範囲内で借金を支払う事です。相続を知った日から3ヶ月以内に家庭裁判所に申請が必要です。

投稿者: 税理士法人あけぼの

2016.12.27更新

良い事もあります。相続税の対策のページをごらんください。

投稿者: 税理士法人あけぼの

2016.12.27更新

墓地、仏壇などは非課税で、死亡弔慰金も一定額までなら非課税です。

投稿者: 税理士法人あけぼの

2016.12.27更新

相続財産から基礎控除額を引いた分に相続税がかかります。
3000万円+(600万×法定相続人の数)
※平成27年1月1日以後、税制改正で基礎控除が下げられました。

投稿者: 税理士法人あけぼの

2016.12.27更新

葬儀後の手続きと相続財産の確認と相続財産をさがすには、相続税申告に必要な書類のページをご覧ください。

投稿者: 税理士法人あけぼの

2016.12.27更新

遺言書を発見してもすぐ開封しないでください。開封すると無効になります。家庭裁判所で『検認』して貰う必要があります。
※検認とは偽造や変造を防ぐための確認です。

投稿者: 税理士法人あけぼの

2016.12.27更新

全て自筆で、氏名の下には必ず押印下さい。また不動産の表記は登記簿謄本に記載されているものを写し日付は年月日を記載してください。

投稿者: 税理士法人あけぼの

2016.12.27更新

公正証書遺言で残しましょう。公証人役場にいって作成しますので紛失や偽造の恐れありません。

投稿者: 税理士法人あけぼの

前へ 前へ

あけぼのの相続メニュー

MENU
田分けブログ  相続担当スタッフブログ Q&A
オフィシャルサイト B・Brain