相続担当スタッフブログ

contact_tel.png24時間WEB予約

2014.01.20更新

「時価」。私は慣れていないので、値札の無いお寿司屋には今でも一人では入れません。寿司屋の会計の時に「えっ!ごめんなさい。手持ちがないので払えません。明日払いますので、免許証でも置いて行ったら良いですか・・・」なんて想像しただけでもドキドキしてしまいます。でもお寿司は食べたし。そんなニーズから回転寿司というスタイルが繁盛しています。
これと良く似ているのが相続税。申告をさせて頂くときに、「どれくらいかかりますか」って、恐る恐る聞く方がみえます。相続税額がいくらか、わからないで生活しているのは、まさに時価と書かれたネタを食べているようなもの。イザ相続税の支払いの時になってもう「少し安くすることは出来なかったのか」と後悔しても時すでに遅し。こんなに高いのだったらもう少し安いものを食べておけば良かった!!

相続財産は誰がみても金額がわかる現金や預金だけでなく、土地や自社株など価格がわかりにくいものもたくさんあります。特に自社株は評価方法が複雑なうえに、毎年価格が変わるので評価額を認識することが非常に難しい財産です。また、市場性がないので、この財産は相続でもらっても現金化しにくいのが実情です。価額がわかりにくい、毎年変化する、イザという時に思わぬ金額となるなど、まさに「時価」の王道ともいえましょう。

☆寿司屋の時価から回転寿司へ

そこで、私どもの会計事務所では、法人のお客様には決算ごとに株価がいくらになっているかお知らせするサービスに取り組んでいます。時価と書かれたお寿司屋から回転寿司の明朗会計へ。安心して次の世代に会社や財産を引き継ぐことができるようにするためには、まずは「今いくら」を知ることが第一歩と考えています。
                                              
松本 浩康

投稿者: 税理士法人あけぼの

あけぼのの相続メニュー

MENU
田分けブログ  相続担当スタッフブログ Q&A
オフィシャルサイト B・Brain