家系を護る田分けブログ
「相続対策は家が滅べば意味が無い、家系・先祖・子孫を護ることが最優先である」

contact_tel.png24時間WEB予約

2019.11.20更新


 昨日「今の相続は日本と家族を潰す」と云う本が幻冬舎から出版されました。全国の本屋に並んで一気にベストセラーになるなんてことはあり得ませんが、少しでも売れてくれたら良いなと思っています。なぜなら今の相続を続けていけば、日本と言う国はその最小単位の家族から潰れていき、地域社会が潰れついには日本という国を誰も守らなくなってしまうと考えるからです。

 

税理士の仕事柄どうしたら経営が上手くいくのか、どうしたら商品が売れるのかを考える癖がついています。それでは今回の本がどうすれば売れるか、本を出版しただけでは絶対に無理ですね。巷には毎月膨大な本が出版されていて、本屋には新刊書が山積みとなっています。
新刊書を探すだけでも大変な中、本屋さんは売れる本を前面に出し聞いた事の無い著者の本を一々店頭に並べる事は少ないと思います。どうしたら皆さんにこんな本があると云う事を知って貰えるか、広告と言っても費用対効果を考えるととても採算が合わないように思えます。

 

実際初版で3000冊を印刷し、重版が出来るのが全体の1~2%とも聞いています。
非常に競争の激しい世界だったのです。世の中を少しでも変えるには数万人の人が読んで戴き、自分の相続の考え方を変えて戴くしかありません。それが出来なければ日本は沈んでしまうと思っています。このブログも難しい話ばかりで簡単ではありません。だから少数の人しか読んでいないと思います。どうか日本を潰さないためにも是非本を読んで戴きたいと思います。

 

投稿者: 税理士法人あけぼの

2019.11.15更新

 11月19日に初めての本が上梓されます。税理士が書く本だから一般的には相続税がいかに安くなるか、揉めない相続や遺産分割の仕方という本だと想像されますが、相続法の根本原因の研究です。
戦後70年以上経ち民主化が図られたと思っていて、また社会が住みやすくなってきたと思ったのに、現実はどんどん苦しくなっていると思いませんか。基本的人権が守られると言っても家族や兄弟の喧嘩が増え、年老いた親は介護施設へ捨てられて殆ど孫の顔すら見ることが出来ない。これが幸せなのでしょうか?どこかおかしいと思ったことから色々調べてきたのです。そしたら元NHKニューヨーク総局長の日高義樹氏の本を見つけました。そこには日本の戦後民法改正で相続は兄弟均等になっているが、米国の相続は土地は長男が貰い次男などは絵画や宝石であり財産は均等に分割しないと書いてあったのです。そして米国は日本の相続財産に対する考え方を狂わせるために民法改正を行った可能性があると書いてあったのです。民主主義であり兄弟は均等の権利があると云われると、その通りと思っていた自分がいます。これが日本全体を弱体化させる罠だとは全く考えてもみませんでした。罠は仕掛けられている側から見えなくなっています、良いと思って行っている事が実際は破滅の道であったのでは泣くにも泣けません。本当の事を調べたいと思ってコツコツ研究してきたものが幻冬舎の目にとまって本を出す事になったのです。

投稿者: 税理士法人あけぼの

あけぼのの相続メニュー

MENU
田分けブログ  相続担当スタッフブログ Q&A
オフィシャルサイト B・Brain