家系を護る田分けブログ
「相続対策は家が滅べば意味が無い、家系・先祖・子孫を護ることが最優先である」

contact_tel.png24時間WEB予約

2019.09.28更新

 相続で失うものと得るもの、「お金では買えないもの」があるのです。
遺産分割で争って得るものはお金・財産だけです。
失うものは親子関係、兄弟関係、人間が生きていく上で最も大事なものは家族や親戚関係や友達など人間関係なのです。
これが切れてしまうと精神的不安定になり、自分探しの旅に出たりするのです。孤児の人々がどのように生きてきて、どれ程精神的に不安であったか。この世に自分はたった一人であり、頼れるところ相談するところがないのがどれ程悲惨になるかを考えて下さい。

欲に駆られた今の自分では思いつかないかも知れないが、自分が兄弟喧嘩をすることで、自分の子供は伯父さん叔母さんや従兄弟などの関係を切られてしまうとしたら。
喧嘩して墓参りも出来なくなれば根っこを切られた木と同じです。時間が経てば徐々に枯れてくるのです。

運が良いのは「親の七光り」がある事を覚えて下さい。
家族が崩壊すると、地域社会も崩壊し、最後はこの日本が崩壊するのです。
いま自由という名のもとに好き勝手に生きている人がいます。その自由は安定した社会がある事で存在するのです。
国家が崩壊すれば自由どころか安定した仕事や食料や安心して暮らすことすらなくなるのです。
ユダヤ人の生き方の本がありますが、国という守がなく流浪の民として悲惨な生活を送ってきたユダヤ人だからこそ家族の絆が大事だと言っているのです。いま私達は何でも自由で何でも買えると思っていることは錯覚なのです。家族があり国家があるからこそ自由も安全もあるのです。
失う前に大事なことを考えて下さい。「絆し(ほだし)」があるから「絆」があるのです。

 

投稿者: 税理士法人あけぼの

2019.09.20更新

「こころの朝」木村耕一  1万年堂出版からの引用です。

「三頭のウシを食べたライオン」 人生にこんな場面ありませんか

「イソップ物語」は、子供向けに作られた話ではありません。本当は、大人へ向けた、生き方のアドバイスだったのです。イソップは、二千五百年ほど前の人で、ギリシャの奴隷であったといわれています。弱い立場にあった彼は、動物を利用した例え話を作って、メッセージを発信していたのです。

三頭のウシが、いつも並んで草を食べています。
ライオンが、このウシを襲おうとしました。
しかし、百獣の王であっても、
ウシが団結して向かってきたら 逃げるしかありません。

ライオンは、考えました。
「これは、力では勝ちめがないな。つまり、あいつらを、バラバラにすればいいんだ。
何かいい方法はないだろうか……」

次の日から、ライオンは、草の陰に隠れて、
ウシが仲間から離れるチャンスを待っていました。
そして、一頭に近づいて、
「君のことを、彼らはバカにしていたよ」と、ささやいたのです。
次の日、ライオンは、別のウシのそばへ行って、
「君の悪ロを聞いたぞ」と教えました。

最後の一頭にも、「彼らは、君の文句ばかり言っている」と告げたのです。
ウシたちは、最初は、「ふん! そんなことはないさ」と聞き流していました。

ところが、ちょっとしたことでぶつかった時に、
「ライオンが言っていたことは、本当かもしれないな」
という思いがわいてきました。

一度、疑いが出てくると、
「どうも、おかしい」「いつもと、違うな」
と、何でも悪いほうへ、悪いほうへと
拡大解釈するようになってしまいます。

やがて、ケンカが始まり、
三頭のウシの心は、完全にバラバラになりました。
「おまえの近くになんか、いたくないさ」と言って、
わざと距離を置いて草を食べるようになったのです。

ライオンは、忍耐強く、この時を待っていました。
悠々と一頭のウシに襲いかかります。
かみついて、引きずっていっても、残りの二頭は、
仲間を助けようともしません。
悲しいことに、団結を失うと、やがて自分の命が
危なくなることに、誰も気づかなかったのです。
やがて二頭めが殺され、三頭すべてが、
ライオンの餌食になってしまったのでした。

悪口を言う人に会ったら、このライオンのような、恐ろしい人だと思って、
遠ざかったほうがいいのです。
自分の悪口が聞こえてきても、気にしないようにしましょう。
真に受けて、友人や仲間を疑い始めると、人間関係が壊れ
てしまい、すべてがダメになってしまうのです。

 

投稿者: 税理士法人あけぼの

2019.09.16更新

 少し前から「最後は一人」とか、「家族は邪魔」とか家族をバラバラにするような報道とか本の出版が目立ちます。大袈裟ですが日本解体作戦の最終局面に来たのです。
戦後日本を弱体化させるべく色々な政策を講じてきました。親子分断のアパート政策や戦後の教育等で家族関係を壊し、日本中の至るところで現実に家族関係が壊れたのを見ている中で、だめ押しでやっぱり家族なんか最後は一人と宣伝することで、二度と平和な家族には戻らなくなってしまいます。

私達が自由を謳歌できるのは、平和で安定し、経済的にも豊かで文化もあると云う国に守られているからです。国力もなく貧乏な国であればこんなに勝手な自由を主張できる事はないのです。
日本国の最小単位である家庭を破壊すれば、地域が壊れ日本が壊れるのです。
その最小単位である家庭が崩壊すれば、日本も崩壊するのです。
その家庭・家族が争族によってバラバラになっているのです。それは単純に相続だけが原因とは言えないのです。日頃マスコミ等で耳にする「家族は最後はバラバラ」などと言う洗脳が根底にあるのです。

家族がバラバラになったら弱くなり、外敵から身を守れなくなる事をイソップ物語は教えています。

 

投稿者: 税理士法人あけぼの

あけぼのの相続メニュー

MENU
田分けブログ  相続担当スタッフブログ Q&A
オフィシャルサイト B・Brain