家系を護る田分けブログ
「相続対策は家が滅べば意味が無い、家系・先祖・子孫を護ることが最優先である」

contact_tel.png24時間WEB予約

2013.07.20更新

★出来ちゃった結婚は、家庭崩壊と家系断絶の危険をはらむ。
  出来ちゃった結婚をされたり、それで生まれて来た人には申し訳ありませんが、世の中の風潮が家庭や社会の崩壊に向かっていますので、あえて批判を覚悟で、「出来ちゃった結婚の危険」について書きます。

◆生まれる前の胎教は非常に大事と言われています。
 産婦人科の先生は次のように言っています。

 胎教は、文字通り「胎児に対する教育」と考えてよろしいでしょう。
 以前は、きっと有効に違いないような一種の情緒的思い込みのような側面もありましたが、医学の発達した今日では、科学的根拠をもって、胎児はとても賢くて学習能力があるということが証明されています。光の感覚もあり、皮膚の感覚はとても敏感です。耳は良く聞こえていて、生まれてすぐに、お母さんの声やお父さんの声を他の大人の声と聞き分けることができるという実験結果もあります。よって、胎教は科学的根拠をもって、きわめて有効なのです。
----------------------------------------------------------
おなかの赤ちゃんって、外の音を聞いてるんですって。
赤ちゃんがお腹にいるときから、子育ては始まっているのです。

☆結婚して妊娠した場合は、夫婦や両親の喜びの声を聞きながら胎児は育ちます。

☆出来ちゃった結婚の危険性。
 全てではありませんが一般的?には、次のような行動パターンではないでしょうか。
 この時お腹の中で聞いている「胎児・赤ちゃん」の心理はどうか、怖いものがあります。
①女性・・最近生理が遅れているが、大丈夫かと不安になる。
 あまり遅れるので心配で彼に相談をする。婦人科に行くか、妊娠検査薬を薬局で買って自分で調べてみる。それから産婦人科に行く。その時の心は不安でいっぱい・・・。
②男性・・妊娠を打ち明けられて「良かった直ぐに結婚をしよう」と言うのは希ですね。今赤ちゃんが出来ても困る、早すぎる、責任が取れない、本当に僕の子供なのか、色々女性にとっても嫌な思いをするこ とがある。
 「生むのは無理だから、中絶をしよう」などと言った時の「胎児・赤ちゃん」の心は・・・
③ご両親・・仕方がないから結婚させよう、早くしないと結婚式が出来なくなる。とても無理だから中絶しよう、女性の身体を考えると中絶は出来ないどうしよう。などなど

●出来ちゃった結婚の場合の「胎児・赤ちゃん」の心は不安・・・・「僕、殺されるかも」「親は喜んでないのだ」「僕は生まれない方が良かったのだ」「お母さんは悲しい思いをした」等々
 全て聞こえているのです。全ての人ではないが、この「僕、殺されるかも」と思った心が大人になって、親に殺されるというトラウマになったり、殺そうと思った親が憎いという潜在意識で親子の断絶になる危険がある。この場合出産後の赤ちゃんに対する心のケアが大事となります。

★芸能人等の出来ちゃった結婚を宣伝するマスコミ・社会風潮は日本の家族を崩壊させ、社会全体を駄目にる。・・・マスコミや風潮に騙されてはいけない。

投稿者: 税理士法人あけぼの

あけぼのの相続メニュー

MENU
田分けブログ  相続担当スタッフブログ Q&A
オフィシャルサイト B・Brain