家系を護る田分けブログ
「相続対策は家が滅べば意味が無い、家系・先祖・子孫を護ることが最優先である」

contact_tel.png24時間WEB予約

2013.10.25更新

★相続対策の成功は、安心・元気で長生きが秘訣です。
 今日送られてきた書店のDMに次の文章がありました。笑えましたので皆様にもお伝えします。

① 年をとったら 出しゃばらず  憎まれロに   泣きごとに  人のかげ口    
 愚痴いわず  他人のことは   ほめなはれ  聞かれりゃ   教えてあげてでも  知ってることも    知らんふり  いつでも阿呆で   いるこっちゃ

② 勝ったらあかん  負けなはれ いずれお世話に    なる身なら 若いもんには     花もたせ 一歩さがって   ゆずるのが  円満にいく   コツですわ
  いつでも感謝    忘れずに どんなときでも   「へえおおきに」

③ お金の欲を    すてなはれ なんぼゼニカネ    あってでも   死んだら
     持っていけまへん 「あの人はえゝ人やった」 そないに人から   言われるよう  生きてるうちに     バラまいて  山ほど徳を       積みなはれ

④ というのは それは表向き ほんまはゼニを  離さずに 死ぬまでしっかり  
  持ってなはれ  人にはけちと    言われても お金があるから    大事にし
  みんなベンチャラ   いうてくれる  内緒やけど    ほんまだっせ

⑤ 昔のことは   みな忘れ  自慢ばなしは    しなはんな わしらの時代は  
  もう過ぎた  なんぼ頑張り    力んでも  体がいうこと    ききまへん
  あんたはえらい    わしゃあかん  そんな気持ちで    おりなはれ

⑥ わが子に孫に   世間さま  どなたからも    慕われる  えゝ年寄りに
    なりなはれ  ボケたらあかん   そのために  頭の洗濯     生きがいに
  何か一つの     趣味をもつて  せいぜい長生き  しなはれや

  作詞 東京石井光三氏              「ヨコノ書店だより 平成25年9月」より引用

◆蓮如上人 御文 1-11 電光朝露・死出の山路 
 それおもんみれば、人間はただ電光朝露の、ゆめまぼろしのあいだの たのしみぞかし。
たといまた栄花栄燿(えいがえいよう)にふけりて、思うさまの事なりというとも、それはただ五十年乃至百年のうちの事なり。もしただいまも、無常のかぜきたりてさそいなば、いかなる病苦にあいてか むなしくなりなんや。
まことに、死せんときは、かねて頼みおきつる妻子も、財宝も、わが身には一つもあいそうことあるべからず。されば、死出の山路のすえ、三途の大河をば、ただひとりこそゆきなんずれ。
これによりて、ただふかくねがうべきは後生なり。

投稿者: 税理士法人あけぼの

あけぼのの相続メニュー

MENU
田分けブログ  相続担当スタッフブログ Q&A
オフィシャルサイト B・Brain