家系を護る田分けブログ
「相続対策は家が滅べば意味が無い、家系・先祖・子孫を護ることが最優先である」

contact_tel.png24時間WEB予約

2014.10.25更新

★「子供を生むのはリスク」と誰が言い出したか。これが日本の少子化を推し進め、親子の愛情を金勘定に変えていったのです。

○週刊エコノミスト 9月2日号は「とことん考える人口減」が特集です。
 この特集に「ここが問題・日本の現状」 東京大学大学院客員教授の増田寛也氏と衆議院議員・自民党総務会長の野田聖子氏の対談が載っています。

○この対談で「子供を産むという「リスク」を肩代わりしようとする企業が少ないのが原因の1つ だ」と野田聖子氏は言っています。
これが最大の問題なのです。どの世界に子供を産むことがリスクと考える親が居るのか。
今の日本の社会には、愛する人の子供が欲しいとか、親子の愛情や、親となる事での人間的成長や、本来あるべき生物の根源的問題をまともに論ずる政治家や学者が居なくなっている。
子供を生んで育てるといくらかかるのかとか、出産の危険性とか、育児は自分の時間がとられるとか自分中心の損得話ばかり論じている。

○政治家や学者は自分たちの「子供はリスク」ということで、日本の少子化を作っていることを認識すべきなのです。だからこれから子供を産む若者はまず「リスク」が考え方の先に立ち、本来の親としての心を忘れさせられてしまっています。
歴史上愚かな民族は滅びるのが常である。日本人は「金より心」を重視し、「生き方」を重視ししてきた民族です。それが「金や損得」を生き方の中心におく民族となってしまった。
これでは滅びるのが当然であり、それが日本を敵と思っている人々の仕掛けた罠であったらどうする。

○日本人滅亡作戦が少子化であり、少子化にするための作戦が「子供を作るのはリスク」「子供はお金がかかる」「子育ては自由時間を奪われる」「配偶者控除を減らし妻を働きに出す」「男女平等で女性も深夜労働させ生理を狂わせる」等々、数えだしたら切りがない。

○ネットでこんな質問が普通です。狂っていると思いませんか。(思わないのは洗脳された証拠?)
質問・・・子供をつくるってリスクですよね?
ワーキングプアなど経済的余裕がない人間が結婚して子供をつくるのはリスクですよね?
子供に与えられる教育は最低限になり、子供が過労又は貧困になる率も高いし(今の日本社会では)
子供つくって経済的負担を増やし、老後は子供には何も頼れず破滅...
子供つくるなら、子供の養育費+老後の資金を持てる経済的余裕がないと破滅しますよね?
リスクの例・・・子供の養育に責任を持たなくてはならない。
・教育費、食事代、服代、治療代 などなど お金がかかる。
・子供がしでかしたことに責任を取らなくてはならない。
・途中で放り出すなんてもってのほか。

○ 山上 憶良(やまのうえ の おくら、(斉明天皇6年(660年生?))、奈良時代初期の貴族・歌人。
銀(しろがね)も 金(くがね)も玉も 何せむに まされる宝 子に如(し)かめやも
(『万葉集』巻5-803, 今昔秀歌百撰 7 )
瓜食めば 子供念(おも)ほゆ 栗食めば まして偲(しの)はゆ 何処(いづく)より 来たりしものぞ 眼交(まなかい)に もとな懸りて 安眠(やすい)し寝(な)さぬ (『万葉集』巻5-802)

投稿者: 税理士法人あけぼの

あけぼのの相続メニュー

MENU
田分けブログ  相続担当スタッフブログ Q&A
オフィシャルサイト B・Brain