家系を護る田分けブログ
「相続対策は家が滅べば意味が無い、家系・先祖・子孫を護ることが最優先である」

contact_tel.png24時間WEB予約

2015.06.25更新

★将来のことを考えるのが人間と動物の違いであり、我々は常に未来を考えています。
 最近の風潮で「今だけ、自分だけ、金だけ」というものがありますが、これは全く人間の精神レベルが動物レベルに落ちてきたというものです。
私達は人間として生まれたばかりの時は自分では何も考えられず、親の庇護の元に全ての安全を親に依存して育ってきました。そして「初乳房 含むが欲の はじめなり」と言うように育つに従って欲が出てきて、自我の形成がされてくるのです。そして現在の欲だけでなく、未来の欲が生じてきて常に未来志向になるのです。

★育つに従って未来の欲がどんどん増えてきて、未来志向もその対象期間も延びてくるのです。
今晩何が食べたいと母親は聞き、お寿司が食べたいと言って晩ご飯を期待する。
今度の期末試験は頑張ってクラスでトップになるのだと、試験勉強に励む。
彼女にもてたいと色々画策をしたり、自分を良く見せたいと言って努力をする。
大学受験の勉強を早くからする。小学校で始めたり、中学で始めたり、何年も先の未来の準備をする。
結婚も、就職も先のことを想像、計画、努力して実現していくのが我々人間なのです。

★そして結婚して子供が出来れば、子供の未来を想像して子育てをするのです。
子供の未来計画は、親がそのすべてをするのです。そして子育てで悩むのです。
またマイホームの建築計画、独立のための事業の創業計画、親の会社を引き継ぐ計画等々、常に未来を想像して、そこに向かって努力しています。
その計画が達成されて喜び、未実現で悔しがり、次のチャレンジだと言ってまた新たなる未来計画を立てているのです。

★老人になってからも未来計画を立てて実行します。
いつまでも健康に生活が出来、長生きが出来る方法の研究と実践をします。
散歩やスイミングスクールも未来の健康のため。
また老いらくの恋を求めて、ダンス教室に通うのも明日の幸せの為なのです。
そして年老いていけば、四国88ヶ所巡りを計画し、コツコツと極楽浄土を目指します。
また病気で寝込まずコロリと逝きたいからと言って、「ぴんころり地蔵」や「ころり観音」等にお詣りに行く。
葬式の準備のため○○葬祭の会員になって、子供達が困らないようにイザと云うときの準備をする。
一人になったり、子供の世話にならないために、介護施設や老人ホームの準備をする。

★最後の準備をしていますか。
生存中の未来計画はしっかりと準備していますが、死んでからの準備は疎かになっていませんか。
死んでからの相続の心配はしていますか。家族が喧嘩しないように対策していますか。
自分がきちんと極楽往生するための、お寺やお墓などの準備もしていますか。
相続税をどうして払うかなどの心配もしていますか。

★最後の未来計画、「エンディングノート」を書いてみませんか。
「終わりよければすべて良し」と言われるように、最後に家族のために自分が死んだときの事から、その相続までを一冊のノートに書けるようにしたのが「エンディングノート」です。
この内容については、次回に書かせて戴きます。

投稿者: 税理士法人あけぼの

あけぼのの相続メニュー

MENU
田分けブログ  相続担当スタッフブログ Q&A
オフィシャルサイト B・Brain