家系を護る田分けブログ
「相続対策は家が滅べば意味が無い、家系・先祖・子孫を護ることが最優先である」

contact_tel.png24時間WEB予約

2017.07.08更新

●親より子供の方が早く死ぬ事はとても耐えきれないほどの苦しみと思います。
そして子供は賽の河原で鬼に追っかけられる、地獄で大変な目に遭っているのを親が思うととても可哀想です。
しかし先日テレビニュースで親が子供を死なしてしまったなど、あちこちで幼児虐待などの話を聞きます。
世も末ですね、親の相続で兄弟喧嘩をしたら自分の子供達の心はどうなるか、地蔵盆のように子供達が平和な気持ちで兄弟仲良く遊ぶという体験が、後日の相続の時に非常に重要になる気がします。

●昔から最高の幸せは、「親死に、子死に、孫死に」と云われています。
人間は必ず死にますが、順番が大事です。


●子供が親より早く亡くなると、相続の上から見ても本当に親不孝です。
 法定相続人が一人減る。これによって基礎控除の600万円がなくなるだけでなく、相続税率の計算が大きく変わります。三人で分割するか四人で分割するかで税率計算が大きく変わります。
生命保険金の一人500万円や死亡退職金の一人500万円の非課税財産の適用がなくなります。当然ですが税金が安くなる程度の話ではないのです。せっかく築いた財産を誰に相続させるのか、子供がいるから家が続くのです。
その大事な子供が親より早く逝ってしまうと、相続はどうなってしまうのか。辛いものがあります。

●相続対策の失敗例に子供が先に死ぬというものがあります。
 息子が成長し、妻を娶り孫も出来ました。後継者として息子に社長を譲り自社株を贈与し、孫にも毎年現金や自社株を少しずつ贈与をしました。期待をしていたときに息子が突然癌で急死、嫁は孫を連れて実家に帰ると言いだし、止める事も出来ませんでした。
順番通りでない悲劇はいたるところであります。

投稿者: 税理士法人あけぼの

あけぼのの相続メニュー

MENU
田分けブログ  相続担当スタッフブログ Q&A
オフィシャルサイト B・Brain