家系を護る田分けブログ
「相続対策は家が滅べば意味が無い、家系・先祖・子孫を護ることが最優先である」

contact_tel.png24時間WEB予約

2017.07.12更新

相続争いの兄弟喧嘩だけでなく、最近は親との関係も相続争いになっています。
私の友人の経営者の息子の話です。親父は一代で立派な会社を築き上げました。その後継者も勉強をして立派な経営者になり会社を継承しています。
兄貴の言う事を聞く弟たちであり兄弟喧嘩は無いと思います。これだけ見ると何も問題は無く順風満帆なようです。

しかし親の元気なうちにもかかわらず、長男が親が自分の財産を使う事に極端に敏感になってしまったのです。何を買うにも長男のご機嫌を伺う事になり、長男は「自分が貰う財産だから勝手に使うな」と親に言うのです。
先日この話題が出たときに何と同じような問題を抱えている人がいたのです。
自分の財産を生きている時に自由に処分できない、こんなバカな事があるのか。親がそれを子供に言えなくなっている。子供が親の財産を貰う事が当然になっている。

親の相続が開始する前に親と相続争いになるなんて、死んでからの話では無く生きているときから相続争いなんてどこか狂っている。

投稿者: 税理士法人あけぼの

あけぼのの相続メニュー

MENU
田分けブログ  相続担当スタッフブログ Q&A
オフィシャルサイト B・Brain