家系を護る田分けブログ
「相続対策は家が滅べば意味が無い、家系・先祖・子孫を護ることが最優先である」

contact_tel.png24時間WEB予約

2017.08.03更新

私達現代人は子供の時から「人間は平等」と教えられてきた。
色々な諺も自由平等を基本として何度となく教えられてきた。いや洗脳されてきたと云うべきか。

 

ジェファーソン 「アメリカ独立宣言」には、「すべての人間は平等につくられている。彼らはその創造主によって固有の奪うべからざる権利を与えられている。」ホッブス 「政治哲学論」には、「人は生まれつき平等である。自然は人々を身体および精神の諸能力において平等につくった。平等から不信が生ずる。能力のこの平等から、われわれの目的達成における希望の平等性が生ずる。」

 

探せば「人間は平等」であると言う話はいくらでもでてくる。しかし世の中を見渡すと平等の方が少なく、殆どが不平等と思いませんか。生まれてきた瞬間から不平等なのです。「賢愚・美醜・貧富・強弱」この差は例えようのないくらい激しいものがあります。

 

生まれた瞬間から天才のように頭の良い人、どうにもならない悪い人、
ミスユニバースのような美人から、五体不満足の辛い境遇の人、
オリンピックに出られるような健康で強靱な者、生まれた時から寝たきりの病弱な者、
超大金持ちの家に生まれる者もあれば、その日暮らしの家に生まれる者もあります。
会社の社長になる人、家業を経営する人、職業を転々と変わる者、
事業に失敗して自殺する者、妻を亡くする人、交通事故の犠牲になる人などさまざまです。

 

どう世間を見渡しても平等というのはあり得ないと思います。これを相続の世界だけ均等・平等と言うのは無理があります。遺産分割は平等ではなくて、どのように公平に分けるのが良いか、誰がその公平を判断するかが問題なのです。

投稿者: 税理士法人あけぼの

あけぼのの相続メニュー

MENU
田分けブログ  相続担当スタッフブログ Q&A
オフィシャルサイト B・Brain