家系を護る田分けブログ
「相続対策は家が滅べば意味が無い、家系・先祖・子孫を護ることが最優先である」

contact_tel.png24時間WEB予約

2018.07.17更新

加藤登紀子の歌で「酒は大関」があり、その歌詞で「生まれたからにはどんとやれ 酒は大関 心意気」とあります。相続とは関係ないのですが、私は酒が好きだからこの歌も好きです。

 

相続対策の基本は何か、自分の子孫が良くなって欲しいと同時に、自分を含めた先祖も大事にして欲しいというものではないでしょうか。その中で会社の存続という事業承継があります。
大事にされるには、まず子供や孫がお爺ちゃんお婆ちゃんに感謝とか尊敬とか憧れがないと大事にされません。
相続財産をいくら多く残しても有りがたいと思いますが、心からの感謝などにはなりません。
死んで多く残すより生きているうちに祝い事や行事等にどんとと出しましょう、心意気です。
昔は冠婚葬祭が人生の中で重要な位置を占めていました。親戚縁者が集まり従兄弟同士が集まり、嫁に出た妹たちが孫を連れて集まり親交を深めたものでした。だから絆が出来たのです。

 

その絆のために相続財産が少しくらい減ったっていいのです。お爺ちゃんの相続財産です。
そのお爺ちゃんがみんなを呼んで大盤振る舞いをする。みんながお爺ちゃんに今日はごちそうさまありがとうと言って感謝して帰る。お爺ちゃんは喜びの酒で酔いつぶれる。


こんな情景が多ければ多いほど、血縁的結束が強くなり、子々孫々の幸せに繋がるのです。
相続財産を多く残すより、絆を強く太くするためにどんとやれ、心意気なのです。

 

相続財産とのつき合い方」詳しくはこちら

投稿者: 税理士法人あけぼの

あけぼのの相続メニュー

MENU
田分けブログ  相続担当スタッフブログ Q&A
オフィシャルサイト B・Brain