家系を護る田分けブログ
「相続対策は家が滅べば意味が無い、家系・先祖・子孫を護ることが最優先である」

contact_tel.png24時間WEB予約

2019.07.31更新

今の日本では死んだらお終いというのが常識化されていますが、世界では死後の世界があると信じている人が大半です。また日本では無宗教が当たり前のようになり宗教というと現世利益を求める新興宗教のようなものと思われています。
しかし若い人達も占いは信じたり、霊の存在を信じたりもしています。

量子論の科学者が真理を探究すればするほど目に見える人間界が全てではないという結論になっていて、日本人だけが未だに現世・今だけの人生だと多くの方が思っているという、世界水準からは大変遅れています。
ここではそれらを詳しく述べることはできませんが、私が読んだ本を次に挙げておきます。
もしこの死後の世界があるとすれば、今の未来が死後であるので、過去の未来が現在と云うことになり、現在があると言うことは当然過去である前世もあることになり、相続の考え方が根本的に変わってきます。現在のように財産をどう分けるかだけでなく、葬儀や供養と云った親などの未来をどうするか、自分たちの未来を子供にどうして貰いたいか、家族の歴史をどうつないでいくかが大きなテーマになるはずです。

私の手元にある本の一部を次に挙げます。
・「転生の秘密、エドガー・ケーシー・レポート」  ジナ・サーミナラ著 多賀瑛訳 たま出版
・「かいまみた死後の世界、よりすばらしい生のための福音の書」  シイモンド・A,ムーディJr著  中山善之 訳  評論社
・「スウェーデンボルグの霊界日記 死後の世界の詳細報告書」 エマヌエル・スウェーデンボルグ著  髙橋和夫訳   たま出版
・「死後の世界を突きとめた 量子力学」  コンノケンイチ著  徳間書店
・「チベット死者の書 仏典に秘められた死と転生」  川邑厚徳・林由香里著 日本放送出版協会
・「人は死なない ある臨床医による摂理と霊性をめぐる思索」  矢作直樹著 バジリコ出版
・「前世療法 米国精神科医が挑んだ、時を超えたいやし」  ブライアン・L・ワイス著  山川紘矢・亜希子訳  PHP文庫
・「輪廻転生 驚くべき現代の神話」  J・L・ホイットン他著  片桐すみ子訳  人文書院

このような本は大きな本屋さんに行けば山のようにあります。宗教の話だからと毛嫌いをしないで下さい。そうではないのです。宗教ではなくて科学の真理の話です。
だからいくらマスコミで家族葬だとか墓じまいと言って人間は死んだら終わりだと洗脳しようとしても、心の奥底では本当のことを知りたいという本能が渦巻いているのです。相続のことを考えながら是非死後の世界のことを調べてみませんか、そうすれば本当の先祖からつなぐというのが意味あることだと分かってきます。

投稿者: 税理士法人あけぼの

あけぼのの相続メニュー

MENU
田分けブログ  相続担当スタッフブログ Q&A
オフィシャルサイト B・Brain