家系を護る田分けブログ
「相続対策は家が滅べば意味が無い、家系・先祖・子孫を護ることが最優先である」

contact_tel.png24時間WEB予約

2019.10.21更新

 すごく大袈裟なタイトルの本ですが、今の相続が争族になぜなるのか、余りにも多くなってきた家族間の争いの原因、子孫まで相続で幸せになるには等、一般の相続対策テクニックではない相続の本を書きました。是非ご一読下さい。
幻冬舎から11月19日に発行されます、定価は1200円です。
戦後改正された民法の法定相続割合や均分相続は、兄弟間平等などの基本的人権を前面に出し民主化の基本のように思われていますが、それが相続の原因のひとつと言うことを書きました。

目次の第一章をご紹介します。
・日本人が忘れた正しい相続、このままでは家族と日本が滅びる
・なぜ私がこの様な本を書きたいと思ったか
・いつから日本人は相続で喧嘩するようになったか
・相続は財産の分割承継だけでなく、その家系の血縁や文化の伝承

投稿者: 税理士法人あけぼの

あけぼのの相続メニュー

MENU
田分けブログ  相続担当スタッフブログ Q&A
オフィシャルサイト B・Brain