家系を護る田分けブログ
「相続対策は家が滅べば意味が無い、家系・先祖・子孫を護ることが最優先である」

contact_tel.png24時間WEB予約

2013.03.13更新

★もめるのを助長させる 「兄弟均等相続の法定相続割合」をなぜ作ったのか。
【日本の相続法の変遷】
 明治初年の相続法
・1873年太政官布告28号 華士族家督相続は当主の意思による跡目相続を許容
    太政官布告263号  華士族につき長男相続制
 1875年太政官指令   平民にも長子相続制

 旧法(明治31年)時代の相続法
 ・長男相続制の徹底  ①男子優先、 ②嫡出子優先、 ③年長者優先
 (女戸主の相続は肯定するが、早期隠居や入夫との戸主交代によって、あくまで例外視)
 ・家を継ぐ子の相続放棄禁止(限定承認は可能だが家名だけは継げ)

 民法相続編中改正の要綱(昭和2年臨時法制審議会決議)
 ①長子単独相続を維持しつつ不平等是正を志向(ドイツ的な分配)
 ②女戸主は入夫後も戸主
 ③嫡出女子の非嫡出男子に対する優先
 ④戸主以外の相続(遺産相続)の場合、配偶者相続権を直系卑属と同順位とする

 昭和22年の大改正(昭和22年5月3日以降年内は応急措置法で対処)
 ①家督相続の廃止。死亡による財産相続への一本化
 ②配偶者相続権の強化
 ③長子単独相続制から諸子均分相続制へ

★終戦後民主主義を積極的に導入、家制度を解体のため家督相続を廃止し、子供はみんな平等と云うことで均等相続割合を決めた。これだけを見ると良いことだと単純に思いますが、裏があると知ったらどうでしょうか。家督相続の廃止と均分相続の導入は、日本の家族に甚大な影響を及ぼし、それにより、親子・兄弟姉妹の遺産争いが顕在化し、家族の結びつきが利害中心のものに変じた。家族における個人主義が、遺産の相続問題をめぐって、家族間の対立・抗争を激化し、今日の訴訟社会へと繋がっているとしたら。

★財産を均等分割にすると決めたのは誰なのか。
 「日本人が知りたくない アメリカの本音」 徳間書店 元NHK・NY総局長 日高 義樹著
 もともとアメリカの人々にとって土地はきわめて大切である。遺産相続でも土地は基本的に長男が相続するとされている。これについて私は詳しく調べたわけではないが、アメリカの人々は伝統的に、土地を細かく分けて息子や娘達に相続させることはしてこなかった。細かく分けてしまっては資産として残らないという考えからだろう。
「財産の相続は当然のことながら平等に行われる。しかし土地は長男のものだ」
 こういった暗黙の了解があり、この問題についてゴタゴタが起きたという話はあまり聞かない。財産のうち株や宝石、絵画といったのもは次女や次男に分け与えられるが、土地はそっくり長男がもらう。
「アメリカでは開拓時代から長男が土地を全て相続した。次男以下は土地が欲しければ西部へ行かなければならなかった」

こうしたアメリカ人のものの考え方は、日本の人々には奇異に感じられる。第二次大戦が終って日本を占領したアメリカ軍は農地改革を行って地主から土地をとりあげ、小作人にただ同然で与えた。しかも政府によるアパート対策を推し進めさせた。
 こうしたアメリカ占領軍の政策は、アメリカの伝統的な考え方とは一致しない。だがマッカーサー元帥以下のアメリカ占領軍は、日本の国家システムを徹底的に破壊するために、こうした政策をおし進めたのだろう。日本人の資産についての考え方を狂わせ、社会の秩序を壊すのが狙いだったかもしれない。

投稿者: 税理士法人あけぼの

2013.03.12更新

★日経ビジネスの特集「庶民が相続税を払う日」
 「骨肉の争いが我が家に来る」

一般庶民は相続税は関係ないと思っていたが、税制改正で大変な時代になってきた。


◎税制改正の概要
  ・相続税の対象者は5割増になる。
 ・基本の基礎控除額が5000万円から3000万円に減少
 ・一人当たりの控除が1000万円から 600万円に減少
 ・最高税率が 50%から55%に上昇

  基礎控除が40%も減少しているので、課税される相続が
 格段に増加してきます。
 今まで他人事たったのが、これからは自分の事になります。

◎「ウチは関係ない」の罠
 
・「親の財産は持ち家だけだから大丈夫」
 家が首都圏や地価が高い地域にある場合、配偶者がない場合、相続人が持ち家を持っている場合、一人っ子である場合などは、基礎控除や配偶者控除が使えず、また小規模宅地の特例を使えなかったりした場合には、相続税がかかる場合があります。

・「兄弟仲が良いから大丈夫もめない」
 子供達が家庭を持ち、その家庭環境が大きな差がある場合には、大丈夫と言えない。
 また相続人の配偶者がどんな人かで、遺産分割の要求が変わってきます。相続人の影に隠れているその配偶者、これが結構問題になります。直接には遺産分割協議に参加しませんが、俗に言う「入れ知恵」がジワリジワリと欲望を拡大してきます。

・「もめるほどカネがないから大丈夫」
 最高裁判所の発表の遺産分割事件等の統計データ集を見ますと、なんと財産1000万円以下で
29%、5000万円以下で44%、合計で73%も争いがあるのです。
金持ちの方が喧嘩をしていないのです。

【表15】遺産分割事件の財産額(平成19年)
 総数  1千万円以下  5千万円以下  1億円以下   
7,013件   2,044件    3,083件      1,000件   
(100.0%)   (29.1%)   (44.0%)     (14.3%)  

5億円以下  5億円を超  金額不明
537件     41件     308件
(7.7%)    (0.6%)    (4.4%)
                 
 ※ ( )内は,総数を100とした指数である。

・「既に話が付いているから大丈夫」
 話だけでは安心できない、人間は目先の欲望に弱いものです。遺言書が安心です。

投稿者: 税理士法人あけぼの

2013.03.11更新

 遺産を分割する際に「法定相続割合で分割する」という話をよく聞きます。
一般にはこの法定相続割合で分割するように、民法で規定されているような感じを受けています。
そして当然のごとく 「兄弟は均等で財産分割をする」のが平等であるというイメージが浸透していますが、果たしてそれが平等であり子供達のためになるのでしょうか。

・親は子供達に分ける財産は平等で良いと、本当に思っているのでしょうか。
平等とは何でしょうか、子供の特性や、その子供の置かれた状況は考えなくて良いのでしょうか。
子供と云っても相続対策をするときはもう一人前の大人であり、結婚して家庭も持っているのが普通であります。
とすると、同じ兄弟であっても職業も違うし、年収も、家族構成も違い、持ち家も違っているのが普通です。結婚した相手によっても財産等は大きく違うし、病気の子供を持った人もいます。

・相続財産を分割する場合には、親とすると当然子供達の生活の状況によって、困っている子供には多く自立していて安定している子供には我慢して貰うと考えるのが普通だと思います。
違って差をつけて財産分与をする方が平等と言えるのです。

・個人個人の状況は同じではなく、それを均等割合で財産を分けることは平等とは言えない。「法定相続割合」で兄弟均等に分けると規定している方がおかしいと思いませんか。

・「法定相続割合」は財産を分割する基準ではないのです。単なる割合なのです。
それを税理士や弁護士さんなど殆どの人が分割基準と思っているから 争いが始まるのです。


・本当に子供は均等分割しなければならないのか。
 分割方法や分割基準について民法にはなんと書いてあるのか。


★民法906条(遺産分割の基準)
 遺産の分割は、遺産に属する物または権利の種類及び性質、各相続人の年齢、職業、心身の状態及び生活の状況その他一切の事情を考慮してこれをする。


・そうなのです、親の思いと同じ 「兄弟一人一人の状況を考えて分割する基準としなさい」と決められているのです。この中には当然家系を継ぐもの、仕事を継ぐものなどを考慮し、単純に均等割合などあり得ないのです。ここから相続対策を考えないと「田分け」になってしまうのです。

まずは「法定相続割合」の呪縛を取り払おう。

投稿者: 税理士法人あけぼの

2013.03.01更新

◎いつからか相続対策は財産分割、節税対策になってしまった。

 私が税理士事務所を開業して30年になります。開業当時はバブルの真っ最中、土地や株式がドンドン上がり、土地が次々と上がっていく印象がありました。

税理士事務所の仕事でも普通の会社の決算と税務申告以外に、相続対策の仕事が銀行の紹介でありました。東京に相続対策、その時は殆ど相続税対策の研修会に参加し、豊橋でも相続対策だけの仕事も結構ありました。

まだ一般の税理士さんが相続対策をしていないとき、都市銀行の支店長や次長さんと知り合いになり銀行員に研修をし、銀行のお客さんの対策をしてくれと依頼されました。
今考えると銀行さんも次々と融資をし、アパートマンションを作るように勧めていました。

相続対策もコンピューターで土地や株式がドンドン値上がりをしていくシミュレーションを行い、相続税がドンドン増えていく計算をし、そのためにはどのような対策があるかを何度もくり返しました。
その当時です、都会の自宅がドンドン値上がりをし、相続税が払えずに老女が自殺をしてしまったという事件があったのは。

この時代から相続対策は税金を如何に安くするかという事になってきました。
庶民がバブルに踊らされ、心よりもお金中心の社会に進んで行ったのです。
銀行と税理士が一体となって相続対策を勧め、相続対策の大きな柱がアパートマンションの借金による建築でした。この当時からアパートマンション建築業者が銀行と組み次々と賃貸物件を作り出し、また賃貸倉庫なども内容が分からない人まで勧めバブルを作ったのでした。

バブルがはじけてみてその爪痕はまだ続いている人もいますが、ここから相続対策は心を忘れ、財産分割、節税対策、兄弟争奪戦へと拡大をしていったまです。現在でも多くの相続対策が財産を如何に分けるか、喧嘩しない分割や遺言の書き方に重きがあるのはまさにバブルから変わってきてしまったのです。


★二宮尊徳翁の教える相続のコツ      「二宮尊徳翁夜話」より   

 若い者は家道をよく研究しなさい。

 家道とは収入財産に応じてわが家を維持する方法のことだ。家を維持するのはやさしいようだが至ってむずかしいもんだ。まず早起きから始めて、勤倹に身を慣らすようにせにゃあいかん。それから、農なり商なり、家業の仕方をよく学ぶことだ。それをしないで家を相続したんでは、将棋にたとえれば、駒の並べ方もよく知らないでさそうとするようなもんで、さすたびに負けて、結局は失敗するのが目に見えとる。

 もしやむなくこの修業ができないうちに相続するようなことがあれば、親類や後見人などすぐれた人を師として、いちいち指図を請うて、それにしたがうのがよい。
 これは将棋を一手ごとに教わりながらさすようなもんで、それなら間違いはない。それを、うぬぼれて、人に相談もせず、気ままにお金をつかえば、たちまち相手に取られてしまう。父のこしらえた家を相続するのは、たとえば、将棋の駒を人に並べてもらったようなもんだ。将棋の道を知らんのに、すべて自分の思うままにさしたりすれば失敗するのはあたり前のことだ。

投稿者: 税理士法人あけぼの

2013.03.01更新

●税理士を開業してから30年で多くの相続事案をお手伝いさせていただきました。
相続でもめるのは兄弟姉妹同士の場合と、子供と親との場合があります。
兄弟姉妹の子供同士の相続争いも、親子の争いも結局はその家庭の問題なのです。小さいうちからどう子育てをするかは大変重要なことです。今からでは遅いと云われる方もいますが、大丈夫です孫から教育しましょう。下記の父母憲章は私自身もとても耳が痛いものですが、将来の相続争い防止には絶対大事なものと思います。全部出来なくとも親の生き方、親の背中を見せるには心すべきと思います。


【父母憲章】

一、父母はその子供のおのずからなる敬愛の的であることを本義とする。

二、家庭は人間教育の素地である。
  子供の正しい徳性とよい習慣を養うことが、
  学校に入れる前の大切な問題である。

三、父母はその子供の為に、学校に限らず、
  良き師・良き友を択(えら)んで、これに就けることを心掛けねばならぬ。

四、父母は随時祖宗(そそう)の祭を行い、
  子供に永遠の生命に参ずることを知らせる心掛けが大切である。

五、父母は物質的・功利的な欲望や成功の話に過度の関心を示さず、
  親戚交友の陰口を慎み、淡々として、
  専ら平和と勤勉の家風を作らねばならぬ。

六、父母は子供の持つ諸種の能力に注意し、
  特にその隠れた特質を発見し、啓発することに努めねばならぬ。

七、人生万事、喜怒哀楽の中に存する。
  父母は常に家庭に在って最も感情の陶冶(とうや)を重んぜねばならぬ。

                          「安岡正篤一日一言」:致知出版社

投稿者: 税理士法人あけぼの

2013.03.01更新

どちらか一方だけを行っても本来の目的である、「子供達の幸せ」にはならないのです。


◎親が相続対策を考える理由は、「子供や孫の幸せ」のためではないでしょうか。
 幸せは両輪です、温かな家庭、兄弟等がいて、それに安心できる財産があってこそ幸せと言えます。


お金が無くても幸せという人もいますが、やはりそれなりの財産はあった方が良いです。
家庭よりお金があれば幸せという人もいます。しかし若い内はそれでも良いときが有りますが、仕事から家に帰っても待っていてくれる人も無く、電気の付いていないひんやりとした家に帰るのも淋しいものがあります。ましてや兄弟喧嘩や親子喧嘩をしているときなどは、幸せとは言えません。


◎親として子供達に幸せになってほしい、だから兄弟仲良くする心と、財産を残してあげることが相続対策と思います。だから相続対策は、心を残すことと財産を残すことの両方のバランスだと思います。


◎財産を残すには如何に多くの財産を残すか、如何に税金を少なくするか、如何に納税資金などの資金繰りを楽にするかというバランスが大事です。
このブログでは節税対策だけで無く、資産対策、納税資金などの資金繰りなども書きたいと思います。


◎相続対策とはバランスです。

  財産を守っていく心    
   
  親や先祖を大事にし、感謝する心
     兄弟仲良くする心
     自分が受け継いだ財産を子孫に残す心

    財産を残す心               

   財産を守り、増やす対策
    節税をすることで財産を守る対策
    資金繰りを良くする対策


◎イザ相続となったとき、人が変わってしまうのを見ています。
 仲が良かった兄弟が相続争いをするのはよくあることです。
 相続争いの後では、実家に兄弟が寄りつかなくなります。相続の日から10ヶ月で相続税の申告期限です。初盆が終わり相続が終わってからの一周忌は結構険悪、一周忌が無事終わってからの三回忌は一体どうなってしまいますか。
このような状態になると孫同士の付き合いが無くなっていきます。従兄弟関係が無くなると、孫の人間関係が心の成長に影響を与えます。長い目で見ると家がさびれていきます。

 こんな事の無いように心を育てることがまず先です。これはそう簡単では無いのですが、皆さんの子供や孫を守るため是非色々考えていきたいと思います。

投稿者: 税理士法人あけぼの

2013.03.01更新

★家系を存続させる相続対策の基本的考え方。
   「家よりも個人だ」という現代社会が、なぜ個人主義が進めば進むほど人々の疎外感が満ちあふれ、鬱病が増えるか。心の拠り所がなくなっているから、魂のふる里が無くなっているからです。
これ以上相続問題で親子兄弟がバラバラになることで不幸を作りたくない思いです。

1.相続とは代々の家系を承継することであり、財産の承継だけではない。
 最近の相続と言えば「財産をどうするか」のお金に関することが殆どのようです。
どの財産を誰にどのように分けたら争いがなくなるかと言った、遺産分割のハウツーばかり目立ちますが、本来はどうしたら自分の生まれた家が、代々残っていくか、どうすれば家を守っていけるのかを考えての相続なのですが、残念ながら財産の分捕り合戦になってきています。

2.人間個人の幸せは家庭の安定と先祖の歴史の承継が最重要である。
 何で個人個人自由に生きているのに、こんなにも心が荒んできているのか、鬱病が益々増え、子供達の心は荒れ、登校拒否や引きこもりが増加し、結婚しない若者が増えているのか。
相続問題で先祖を捨てると心は根無し草になる、自分探しは先祖探しです。

3.相続対策を財産対策とすれば、心が忘れ次の代まで家はもたない。
 相続対策を節税や分割対策だけにするから喧嘩になるのです。自分の生まれ育った家族や兄弟と喧嘩し、財産だけを貰って心の根無し草になった親に育てられた子供達は心の安定があるのでしようか。自分が兄弟喧嘩して、もう実家に帰れなかったり、妹や弟、甥姪を実家に呼べなくなった兄弟は一体どうなるのでしようか。心を忘れた相続をすれば次の代自分の子供達はどうなるのでしようか。

4.相続は子供は均等とする日本の戦後改正の民法は家を潰す。
 殆どの人は「法定相続割合」で財産分割をすると民法で決まっていると思っています。法定相続割合は兄弟は均等です。これで兄弟喧嘩が始まるのです。兄弟平等は一見良いように思えますが、これがくせ者です。戦後の民法で決められた「法定相続割合」で家が潰され兄弟がバラバラになっているのです。本当は「法定相続割合」は「分割の基準」ではないのです。

5.財産は小分けにすると無くなる。「田分け」とは分散の戒めである。
 分散しないことは家を継ぐ者が相当割合を相続すると言うことです。では他の兄弟はどうなるか。兄弟均等が相続の権利だと思っている現代人では当然不公平と思います。
なぜ不公平よりも家系の存続を優先させるのかは、真剣に考え子供達に伝えなければなりません。

6.財産よりも、地縁血縁、先祖の恩の継承を伝えること。
 残念ながら先祖の恩なんて忘れています。それを伝えることが出来る親の方が少ないのが現実です。
しかしこのままでは日本の社会が続きません。社会に守られていると思う人の方が少ない現代では、親の恩、親戚縁者や先祖の話すら出来ませんが、生かされていることを再考すべきです。

7.相続人の生き方次第では家が潰れる、家を潰さない生き方を承継させる。
 家が潰れること、兄弟がバラバラになることは不幸です。お金では買えない心の安定や帰るところがある安心感をもう一度考え直しては如何ですか。本当の幸せは何ですか。

投稿者: 税理士法人あけぼの

2013.03.01更新

◎子供達に細かく財産を分けると家が代々残りません。
 「田分け」とは財産を細かく分割することの戒めです。

 相続税申告の資産分割の話し合いの時、子供達は平等だから、なるべく均等でと言う親がいますが、その後を見ると家が残らないことが多くあります。本当に平等や細かく分けて良いのでしょうか。
家が代々続かないのを平気になってしまった風潮があります。
代々家が続いているという事の意味を改めて考えてみて下さい。


◎何で三代で家が潰れると言われているのか。

 勿論 日本の相続税の税率では相続財産が多いととんでもない税金がかかり、残された遺族は税金の支払いで家屋敷を売却しないと払えないことになる場合もあります。
しかし 本当に税金だけの問題でしょうか。
私達は1万円札で煙草などを買って釣り銭で小銭になると、いつのまにかなくなってしまう、何に使ったか分からない内に雲散霧消した経験はないですか。
そうです、お金は細かくすると消えてなくなるのです。だから相続財産も子供達に分けて小さくすると残らないのです。

 相続財産 10億円を 3人に均等に分割します。
 10億円÷3人=3億3333万円  一回の相続で 3分の1になります。

    3億3333万円÷3人=1億1111円  二回目の相続で当初の10分の1

  1億1111万円÷3人=3703万円   3回目で当初の27分の1です。


◎税金も多いのですが、3回で27分の1、よほど増やす努力をしても代々続いた家はなくなります。また、相続財産を貰った各人もそれを残すだけのまとまった財産ではなくなっています。


◎「田分け」とは、家を潰すかも知れない相続財産の分割方法を言うのです。
 たわけ者の語源を調べてみました。
「たわけ者とは、馬鹿者。ふざけた者との意味です」語源・由来を辞書で調べてみると、
たわけ者の「たわけ」は、「田分け」と書き、子供の人数で田畑を分けると、孫や曾孫の代に受け継がれていくうちに、それぞれの持つ田んぼの面積は狭くなり、少量しか収穫出来ず家系が衰退する。このような愚かな財産相続することを馬鹿にして。「たわけ者」と呼ぶようになったとする説がある。
「たわけ」の説は「戯け」と「田分け」を洒落た俗説で、「戯け者」が本来の語源ともあります。

◎家中心でなく個人中心の現代であるから、家が代々続く必要はないとする人もありますが、本当でしょうか。相続の仕事をしている税理士として心配になりましたので、このブログを立ち上げました。

投稿者: 税理士法人あけぼの

2012.10.19更新

よろしくお願い致します。

投稿者: 税理士法人あけぼの

あけぼのの相続メニュー

MENU
田分けブログ  相続担当スタッフブログ Q&A
オフィシャルサイト B・Brain